採用情報

先輩社員の声

先輩社員の声葛原 元太

戻 る

当社を選んだ理由
前職は電気関係の施工会社で物流とは異なりましたが、転職活動をする中で当社に出会いました。実家が農家のため、昔からクボタブランドが身近にあり、物流未経験者歓迎であったため、チャレンジしてみました。また充実した福利厚生も魅力です。
自身の仕事内容・役割について

私は兵庫県加西市にある全農兵庫部品センターにて、兵庫県内の全農30か所に農機の部品を供給しています。各拠点に補修用部品を届けるためには、それぞれの拠点の営業日が異なるため複雑な配送コースを日々立案する必要があり、日々運送会社、配送便の日程管理、ドライバーとの連携を図って配送指示をしています。




いままで苦労したこと、それをどう乗り切れたか
顧客からのクレーム(誤配送)をいかに減らすことができるかに苦労しました。日本の農家のほとんどは兼業農家ですから、農機が故障してもすぐに直さなければ、農作業ができる日が1週間伸びてしまったりします。ですので注文を受けた部品を誤って配送してしまった場合は大変迷惑が掛かります。
いまから5年前は出荷データを見ながら人間が部品を選び(ピッキングといいます)入出荷をしていましたが、人の手作業なのでどうしてもカウントミスが起こりました。このミスを無くすためにはどうしたらよいかという点について、ハンディタイプのバーコードリーダーを使ってはどうかと先輩、上司や協力会社スタッフと意見をぶつけ、試行錯誤を繰り返す中、システムを確立することができました。結果、徐々にクレームは減り、荷主からの信頼を少しずつですが勝ち取れました。社内だけでなく協力会社と協力して進めれたことが乗り越えられた要因です。
職場の雰囲気、仲間との関係

職場は顧客である全農兵庫様、協力会社と当社社員が同居していますが、協力しながら仕事を進められる明るく楽しい職場です。真剣な話、冗談が言える話を出来る上司、先輩、仲間がおり、同じ目標に向かって協力し合える関係です。
入社してよかったと思うこと、やりがいについて
家業で扱う農業機械の知識を職場でも十分活かせる事が良かったです。
物流に関して自分たちで改善した取り組みが効果を発揮した時、またその改善をグループ内に水平展開出来るときにやりがいを感じます。また当社では先輩や上司が悩みに向き合ってくれるため、皆に助けられながら仕事を進めることができています。
そのほか、保管レイアウト設計等の見直しなど成果を自分の足跡として残せた時、計画的なスケジュール(在庫管理/棚卸)を組み込み、目標に対して想像以上の効果が現れたときにやりがいを感じます。
これからやりたい仕事
まず現在チャレンジしている需要に対する予測システムについて、実績や経験値を反映した信頼のあるシステムの構築を行い、いずれば全国の部品(以外も)へ展開していきたいとおもっています。
また部品物流センターだけでなく農業機械の整備センター(エンドユーザー)への保管/在庫管理方法のしくみ作りに取り組むことで、国内物流の改善に貢献したいと思います。
日本だけでなく海外の部品物流はどうなっているかにも興味があり、いつかやってみたいと思っています。

ある一日のスケジュール

8:00~
朝礼・出荷準備
9:00~
配送便出荷
10:00~
翌日受発注/出荷準備開始/パーツリスト検索
12:00~
昼食
13:00~
在庫管理状況確認
14:00~
受注締切
15:00~
荷主工程会議
16:30~
翌日出荷準備確認・業務終了

ページの先頭へ