採用情報

先輩社員の声

先輩社員の声新卒入社(女性)

戻 る

自身の仕事内容・役割について
私はクボタの堺製造所内にある堺機械事務所にて、主に出荷事務を担当しています。
ここから国内はもちろん、世界中に農業機械が出荷されますが、そのためのトラックの手配(配車)のシステム計上や各荷主への請求書の発行、手元に届く請求書のチェックが主な仕事です。
いままで苦労したこと、それをどう乗り切れたか
事務の傍ら、ここ数か月配車業務(九州方面へ出荷)をする機会を頂き、日々取り組んできました。
トラックをただ準備するのではなく、日々倉庫に保管されている製品をどのような組み合わせで積込、出荷するか。それを考えるのが非常に難しく大変でした。製品の種類も1種類ではなく大きいサイズもあれば小さいサイズもあります。クボタ製品だけを取り扱っているのではないので、他荷主の荷物も気にしながら段取りを考える毎日です。ミスすることもありましたが、同僚や上司、協力会社にアドバイスを頂き助けられながら徐々に理解できるようになり、またスムーズに業務を進めることができるようになりました。
職場の雰囲気、仲間との関係
何かトラブルが発生したり、不明点があると同僚や上司にアドバイスを頂ける環境です。
特にトラブルが発生した際、どのような順序でどのような対応すべきかを的確にアドバイス頂けるので非常に助かっています。
入社してよかったと思うこと、やりがいについて
初めは各配車担当からのデータを待ち、計上のみを担当することが多く、配車に携わることがなかった為、自分には他に何ができるのだろうかと悩んだ日々がありました。
しかし、配車業務をする機会を頂けたこと、データ計上のみでなく自分が取り纏めて処理しないといけない業務も増加し、自分にできることが増えたこと、さらに周りに頼りにされることが増えたことが入社して良かったなー思う瞬間でもあり、やりがいを感じる瞬間でもあります。
これからやりたい仕事
今後も配車業務をしていく中で、知識の向上を目指し、より効率よく業務を進めていけるようにしたいです。九州方面の配車だけでなく、周りの配車担当者のフォローができるように業務の幅を広げていきたいです。また、事務の部分でも不要な作業がないかを再度確認し、効率化を目指していきます。

ある一日のスケジュール

8時頃
九州方面出荷段取り
9時頃~12時
出荷に必要な書類等作成・提出
13時~16時半
出荷伝票処理、請求書確認

ページの先頭へ